海原友明の消防団改革のすすめ

消防団を取り巻く問題の中でまずすべきことは「操法大会の廃止」です。この大会があることによって苦しんでいる全国各地の実態や私の思いを紹介します。

2019-10-13から1日間の記事一覧

士気の高揚

やる気 消防団の操法大会を行う目的として必ず出てくるのが「士気の高揚」です。 要するにみんなが「やる気でてきたー!」ってなる為にやるよ。って事ですが… なりますか?

ネット署名は効果があるのか?

ネット署名は効果あるのか?と疑問に思う方もいると思います。この様な署名には法的効力はありませんので、何万票集まったから実現出来るという様なことはありません。だからといって無駄かというとそうではありません。

日本消防協会の活動と操法大会

消防組織法では、消防は市町村長が管理し(第7条)、国や都道府県は消防責任を負うことはなく、よって市町村消防を管理することもない(第36条)。とされています。

消防庁 不自然なアンケート結果

総務省消防庁が平成30年に公開した「消防団員の確保方策等に関する検討会」報告書 ではアンケート等を元に消防団員を増やす方策を検討しています。

岐阜県 関市

岐阜県関市は平成25年に関市消防団再編計画を策定しました。 消防団ヒアリング調査や団員と市民へのアンケート調査を実施し、その結果をしっかりと報告しています。

静岡県 袋井市

静岡県袋井市消防団では、訓練日数や訓練時間を以前に比べ大幅に削減し、効率的な訓練運営を図ることで、消防力の維持と団員の負担軽減に取り組んでいます。

滋賀県 甲賀市

平成28年6月 甲賀市が公表した甲賀市消防団員意識調査結果報告書では ・不満に思うこと → 1位「ポンプ操法訓練の負担が大きい」(36%) ・新入団員の確保の良策 → 1位「ポンプ操法訓練の軽減」(33%) と公表しています。団員の生の声をそのまま掲載し…

新潟県 上越市

平成31年3月新潟県上越市の「上越市消防団適正配置検討委員会」報告書 ~団員の負担軽減と効率的な消防団活動を支える~では、ポンプ操法競技会の問題等について報告されています。

岐阜県高山市

平成 30 年9月 高山市消防本部は、消防団員と市民にアンケートを取り結果を公表しています。 団員そして市民が操法大会を改革して欲しいと望んでいる事がわかります。

全国消防操法大会を廃止したい!

消防団の「全国消防操法大会」を廃止する為に署名活動を行なっております。 本ブログはこの操法大会廃止をメインに消防団の改革を提言していきます。