海原友明の消防団改革のすすめ

消防団を取り巻く問題の中でまずすべきことは「操法大会の廃止」です。この大会があることによって苦しんでいる全国各地の実態や私の思いを紹介します。

長野県 長野市

令和元年6月25日 長野市定例記者会見での市長挨拶の一部です。

市長も操法大会が消防団員にとって負担となっていることを認識しています。

 

f:id:KaibaraTomoaki:20200813134217p:plain

6月23日に長野市消防団ポンプ操法大会・ラッパ吹奏大会が戸隠で開催された。私も当日、会場でいくつかの分団の操法を視察した。
 長野市消防団は、地域防災の要として、欠くことのできない存在であるが、団員の高齢化や新入団員の不足など、さまざまな課題を抱えている。そこで、今後の消防団活動や入団促進の取り組み、また魅力ある消防団づくりにつなげるため、昨年12月に消防団本部が、団員に対する無記名アンケートを実施した。
 アンケートの中で「災害活動以外の消防団活動で負担感が大きいと思う点」を聞いたところ、7割以上の団員が、ポンプ操法と回答した。ポンプ操法は、火災現場で安全に活動していくために大変重要である上に、命と財産を守る崇高な使命も養うことができる最も重要な訓練と考えている。
 消防団本部では、負担軽減のため、大会に向けた訓練回数と時間の制限を設けるといった対応を取っていきたいとのことであった。その中で行われた団員の皆さんの正確な操作と洗練された無駄のない動きは、なりわいを持ちながら、日々、訓練を重ねてきた努力のたまものであり、改めて敬意を表したいと思う。
 また、ラッパ吹奏大会の出場についてもアンケート結果を踏まえ、各班で出場の有無を決定し、強制はしないといった対応を取ってもらったようだ。本年度の出場チームは、昨年度と同じ8チームであったが、今後もアンケート調査の結果を分析しながら、課題整理や取り組みが必要な事項について、消防団本部と検討していくとともに、組織改革や処遇改善についても、活動しやすい環境の整備に向けて取り組んでいきたいと考えている。

 引用元:令和元年6月25日 長野市定例記者会見

 

 

長野市消防団の情報はこちら

f:id:KaibaraTomoaki:20200517001906p:plain

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以下のキャンペーンに賛同をお願いします!
「全国消防操法大会の廃止」
http://chng.it/Kx45cBjj
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログランキング・にほんブログ村へ