海原友明の消防団改革のすすめ

消防団を取り巻く問題の中でまずすべきことは「操法大会の廃止」です。この大会があることによって苦しんでいる全国各地の実態や私の思いを紹介します。

#操法大会の廃止

消防団のイベントである「操法大会」を廃止する為に署名活動を行なっております。 本ブログは、この操法大会廃止をメインに、国や県そして各市町村での消防団に対する取り組み状況などをお伝えします。 【2023/1/29更新】

長野県議会

令和4年6月の長野県 定例会危機管理建設委員会では、操法大会は重箱の隅をつつくような減点方式の競技であり、実際の火事のときに、こんなことまでする必要があるのか。操法大会の在り方自体を考え直すべきではないかと質疑されています。

鳥取県 西伯郡 伯耆町

伯耆町(ほうきちょう)の令和4年9月の町議会では、消防団員の加入促進としてアンケートを取るなど、現場で活動する団員の声を聞くことが大切ではないかと質疑されています。議員さんが一番良く聞く消防団員の声は「操法大会の練習がすごく負担になっている…

千葉県 匝瑳市

千葉県匝瑳市(そうさし)の令和4年9月市議会では、操法大会が消防団の団員不足の一因であり、操法大会の在り方を再考することを現場は望んでいると質疑しています。

富山県 県民意識調査

富山県は令和3年9月に消防団員の確保対策に関する県民意識調査を実施しました。 その中では、消防団員として活動を行っている(行っていた)中での不満や困ったこととしては、1位が「ポンプ操法訓練の負担が大きい」で2位が「団行事が多い」との結果でした…

岐阜県 下呂市

岐阜県下呂市の令和4年6月の議会では、消防団員の処遇改善や操法大会の今後についてなどが質疑されており、操法大会について消防長は「大会へのこだわりが強過ぎ、しばしば様々な弊害が生じている」と答弁しています。来年以降は各方面隊の大会を中止し、市…

鹿児島県 鹿屋市

鹿屋市(かのやし)の令和3年6月の市議会では、操法大会への参加は義務なのか。災害対応訓練等、やるべきことが他にもあるのではないか。などの質疑がされています。今後は、団員アンケート等を実施して意見を集約し協議していきたいとの事です。

滋賀県 甲賀市②

甲賀市 令和3年9月の定例会では、総務常任委員会が現役消防団員から吸い上げた意見・提言と、過去に実施した甲賀市消防団意識調査を基に、団員の最大の関心事と捉えられてる「ポンプ操法大会」についてなど、消防団が現在抱える諸課題とその対応策について…

山形県 全35市町村 操法大会開催状況

令和4年8月2日、山形新聞にて操法大会の見直しに関する報道がありました。「消防団離れの原因の一つと言われている操法大会のあり方を見直す動きが出てきている」と、山形県の全35市町村の操法大会開催状況が報告されました。

福島県 東白川郡 棚倉町

令和3年3月の棚倉町議会では、操法大会の負担軽減への提言や、団員アンケート実施の要望など、棚倉町消防団の活動の見直し等について質疑されました。

岡山県議会

令和3年6月の岡山県議会では、時代の変化と地域の事情を考慮した上で、持続可能な消防団の運営のために、消防団員の負担軽減と在り方をしっかり考えていかなければならないとして、県内の消防団員数及び報酬の改善の必要性や、操法大会の大規模な県大会を廃…

福島県 会津若松市

会津若松市は令和2年3月に「会津若松市消防団のあり方に関する検討委員会」を設置し、消防団が抱える課題や実施すべき施策等について検討を重ね、令和4年3月に委員会において検討結果を報告書にまとめました。具体的な対応についてはこれからのようですが…

岐阜県議会

岐阜県議会では、令和3年に大会開催費用の問題や、今の操法大会の審査の在り方に対する問題点、県で実施した消防団アンケートの結果について質疑されました。議事を通して操法を大会にしてはいけない理由を説明します。

静岡県 御前崎市

御前崎市は令和3年7月に消防団アンケートを実施し、査閲大会(ポンプ車操法、小型ポンプ操法、訓練礼式を競う大会)が90%の割合で負担に感じていると答えがありました。令和3年12月の市議会では、市長から、査閲大会やそれに伴う訓練について、団員の…

消防団の最高の名誉は全国消防操法大会出場という浅はかさ

日本消防協会には、功績が顕著な消防団や消防団員等に対して表彰を行う制度があります。その中で消防団の最高の名誉とされる「まとい」という表彰の受賞条件とは…

操法大会の5つの問題点

消防団員が訓練を行うポンプ操法と、その成果を競い合うポンプ操法大会。この「操法大会」の何が問題なのかを色々な視点から考えてみたいと思います。